旅行記を書く仕事



旅行記を書く仕事をしたいと思っています。
しかし、これは一つの仕事として成り立つものなのでしょうか?
旅行記を書くことを仕事としてやってらっしゃるかたはいらっしゃいますか?

それとも多くの方は「ライター」として、旅行記以外の文章も書きながら、仕事の一つとして書かれているのでしょうか?


回答

旅行記」はエッセイの一分野になると思いますが、エッセイで生活するのは、とても困難だと思います。エッセイはあまり売れない上に、一見簡単そうに見えて、売り物になるほどうまく書くのがとてもむずかしいからです。純文学の小説家と同じようなものだと思った方がいいでしょう。

旅行を専門分野にするライターになるのは、それほどむずかしくありません。ただ、ぜいたくを言わなければ1人で生活していける程度にほど稼げるというレベルで、家族を養っていくほど稼げるようになるのは、かなりむずかしいと思います。

旅行を専門分野にするライターというのは、イベントを一覧表にまとめたり、ホテルに電話して掲載情報を確認するなどの細かい作業もこなす仕事です。ベテランになるに従って、体験記などの仕事も入ってくるようになるかもしれません。

旅行以外の分野も含めてエッセイ調の文章だけを書くライターというのは、最初に書いたようにむずかしいですね。ライターというのは、一般の人が考えているのとは違って、文章力よりも情報力が要求される仕事です。

旅行を専門分野にするライターになるには、大きく分けて2つの方法があります。1つは、その方面を扱っている編集プロダクションや出版社にアルバイトでもいいのでもぐりこみ、仕事を覚えて人脈を作ってから独立すること。

もう1つは、ほかの仕事で生活しながら自腹で旅行にのめりこんで、旅行のプロになることです。ただ、普通の旅行会社の社員レベルの詳しさでは、足りません。「この人は異様に旅行に詳しい」と旅行の本などを扱っている編集者(つまり一般人よりもずっと詳しい)に思わせるような人になれば、記事を書かせてもらえるチャンスは出てくるでしょう。

ただ、どちらも、その道に進めばすんなりとやっていけるというわけではありません。仕事を軌道に載せるのはむずかしいのですが、いったん軌道に乗っても、飽きられたり需要が減って、仕事が来なくなることもあります。

旅行記の秘密 TOP


アフリカ自転車旅行記



私の知人が、アフリカを自転車旅行した体験をまとめた原稿を書いたのですが、そういった旅行記を世に出す方法はどんなものがあるでしょう。

何件か出版社に持ち込んだ範囲では、作者が大半の経費を負担する「共同出版」の提案をされたらしいです。それで、金が無いからやめた、とか。(^^;

最近では、出版をあきらめたかWeb上で一部公開をはじめています。


知人の贔屓目からは結構面白いと思うので、できればもっと違った形で世に出してやりたいです。


回答

旅行記(紀行文)は一番多い分野ですからコマーシャルベースの出版はむつかしいでしょう。

手段としては
1.公募雑誌の「エッセー部門紀行文」に応募して一等入選する。コマーシャル・ベースの出版の可能性大。
2.自らタイプした原稿を近くの印刷屋で印刷し簡易製本する。金はかかりますが
安いところを探す。出版社ほどではない。学校、市役所、クラブ活動関係者は機関紙を発行したりしているのでいいところを知っているはずです。完成した本は友人知人に500円ぐらいで買ってもらう。(次の旅行の資金名目で)
3.もっと安くあげたければ2)を自分でやることです。

旅行記の秘密 TOP


お勧めの旅行記は?



妹尾河童さんの「河童が覗いた〜」を読んでなかなか面白く、最近また旅行記のようなものが読みたくなったので、お勧めの旅行記(文庫のもの)を探しています。難しいものではなく、ちょっと面白いものがいいのですが…何かいいものはありませんか?


回答

河童さん、面白いですよね♪
わたしも3冊持っていましたが、友達に貸したままになってしまって、今「インド」しか手元に残っていません。買っとかなきゃ。

旅行記っていっぱいありすぎて、選ぶに迷いますよね。
河童さんが好きということは、何かにちょっとしたコダワリを持った旅行記がお好きではないかと思いまして、いくつか挙げさせていただきます。

林丈二「イタリア歩けば……」「フランス歩けば……」(講談社文庫)
歩いていて見かけた気になるモノ、というのがクローズアップされた内容です。路線はかなり河童さんに近いように思います。イラストレーター?だしね。なお「オランダ歩けば……」も出ているそうですが、未読です。文庫化されてないかもしれない。

田辺聖子「ヨーロッパ横町食べ歩き」(文春文庫)
かなり昔の本ですのでねえ。まだ出てると思うんですけど……。ユーモラスという意味では河童さんには負けません。面白いです。

赤瀬川源平「島の時間」(平凡社ライブラリー)
この方、林丈二さんとはお友達です。路上仲間……っていうと、知らない人には誤解を招きますが。ユニークな感性をお持ちです。あ、「新解さん」や「老人力」でけっこう名前が売れましたね。

磯淵猛「金の芽〜インド紅茶紀行〜」(集英社文庫)
わたしは紅茶が好きなので購入したのですが、今考えてみれば旅行記としても面白いかも?「紅茶」という雰囲気や語り口から、ほのぼののんびりした内容だというイメージがあるのですが、実際は相当ハードな冒険旅行でした。(←読み終わってからしばらくその「冒険性」に気付かなかった(^_^;))


旅行記の秘密 TOP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。