お勧めの旅行記は?



妹尾河童さんの「河童が覗いた〜」を読んでなかなか面白く、最近また旅行記のようなものが読みたくなったので、お勧めの旅行記(文庫のもの)を探しています。難しいものではなく、ちょっと面白いものがいいのですが…何かいいものはありませんか?


回答

河童さん、面白いですよね♪
わたしも3冊持っていましたが、友達に貸したままになってしまって、今「インド」しか手元に残っていません。買っとかなきゃ。

旅行記っていっぱいありすぎて、選ぶに迷いますよね。
河童さんが好きということは、何かにちょっとしたコダワリを持った旅行記がお好きではないかと思いまして、いくつか挙げさせていただきます。

林丈二「イタリア歩けば……」「フランス歩けば……」(講談社文庫)
歩いていて見かけた気になるモノ、というのがクローズアップされた内容です。路線はかなり河童さんに近いように思います。イラストレーター?だしね。なお「オランダ歩けば……」も出ているそうですが、未読です。文庫化されてないかもしれない。

田辺聖子「ヨーロッパ横町食べ歩き」(文春文庫)
かなり昔の本ですのでねえ。まだ出てると思うんですけど……。ユーモラスという意味では河童さんには負けません。面白いです。

赤瀬川源平「島の時間」(平凡社ライブラリー)
この方、林丈二さんとはお友達です。路上仲間……っていうと、知らない人には誤解を招きますが。ユニークな感性をお持ちです。あ、「新解さん」や「老人力」でけっこう名前が売れましたね。

磯淵猛「金の芽〜インド紅茶紀行〜」(集英社文庫)
わたしは紅茶が好きなので購入したのですが、今考えてみれば旅行記としても面白いかも?「紅茶」という雰囲気や語り口から、ほのぼののんびりした内容だというイメージがあるのですが、実際は相当ハードな冒険旅行でした。(←読み終わってからしばらくその「冒険性」に気付かなかった(^_^;))


旅行記の秘密 TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。